クレジットカードを複数持つなら二枚がベストな理由。メインカード+サブカードの組み合わせまとめ

money-card-business-credit-card-50987

クレジットカードって何枚持っていますか?

各種ポイント還元率や保険のことを考えると、つい何枚も作ってしまいがちですが、財布に入るカード枚数には限りがありますし、カードが何枚もあると管理が大変です。

クレジットカードを何枚も持っていると、海外旅行保険の保険金額がアップするので、複数枚持つことはOKなのですが、個人的にはクレカはメインカードとサブカードの二枚持ちが一番ベストだと思います。

海外旅行保険を強化したいなら、年会費無料のクレジットカードを何枚も持つより、ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカードといった上位カードを1枚持っておいたほうがコスパが良いです。

+1枚、いざという時のためにサブカードを用意しておけば、保険や紛失・盗難時のトラブル、限度額など、ほぼ問題なくカバー出来ます。

今回は、クレジットカードを2枚持つ際の、メインカードとサブカードの組み合わせのオススメを紹介します。

三井住友VISAゴールドカード+EPOSカード

0031

メインカードは、やはりブランド力があり、ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカードなど上位ランクのカード特典が充実しているクレジットカードを選びたいところです。

しかし、ゴールドカードのネックは高い年会費です。
基本的にゴールドカードは年会費1万円ほどが相場です。

そこで年会費をおさえつつ、ゴールドカードのメリットを得られる三井住友VISAゴールドカードをメインカードにしましょう。

三井住友VISAゴールドカードは、下記の記事でも紹介している通り、ゴールドカードの中で最も年会費が安いクレジットカードです。

・一番安いゴールドカードは三井住友VISAゴールドカード!年会費5000円以下でポイント還元率良&ブランド力のあるクレジットカードです

基本年会費は1万円ですが、初期設定を行うだけで6000円割引が可能です。
海外旅行保険も一般的なゴールドカードの金額をカバーしており、コールセンターもゴールドカード専門デスクなので即つながります。

紛失・盗難時のサポートも万全で、さすがは三井住友銀行のカードと言えるでしょう。

メインカードをゴールドカードにするのは、保険以外にも、もう一つ理由があります。
それは不正使用された時のサポート体制が、通常のカードよりも強いからです。

コールセンターにも即座につながりますし、対応も100点です。
年会費を払っているのにサポートがイマイチなら、顧客は離れていきますからね。カード会社は年会費を払ってくれるゴールド以上の会員のサポートにはかなり力を入れています。

私がカードを不正利用された時の体験談はこちら。

・クレジットカードを不正利用された私の体験談から学ぶ年会費無料クレジットカードのデメリット

利用額が多くなるメインカードは、やはり安全面も考えてゴールドカード以上で運用したいものです。

三井住友VISAゴールドカードなら、年会費4000円と格安でゴールドカードの安心感が得られますし、限度額も通常のカードより高く設定できるので、おすすめです。

サブで持つカードはEPOSカードが良いでしょう。
EPOSカードはマルイの発行するクレジットカードで、年会費無料、マルイの割引セール特典を得られるなど、マルイに特化したカードです。

マルイの利用はさておき、一番美味しいのが年会費無料のクレジットカードなのに海外旅行保険が自動付帯でついている点です。

つまり、EPOSカードを持っているだけで、海外旅行保険をグッと補強出来るということ。
さらにEPOSカードは、ある程度、利用しているとEPOSゴールドカードへの無料インビテーションが来ます。

このインビテーションを受け取れば、本来年会費がかかるゴールドカード、EPOSゴールドカードを年会費永久無料で得られます。

EPOSゴールドカードになれば、もちろん海外旅行保険も万全に。
ポイント還元率も1%以上になりますから、おすすめです。

貯まったポイントは、奥さんへのプレゼント用(衣服)にすると良いでしょう。

JCBカード+楽天カード

28card

ネットショッピングをする機会が多い人は、Amazonでポイント還元率1.5%以上になるJCBカードと、楽天でポイント還元率3%以上になる楽天カードの組み合わせがベストです。

JCBカードはポイント還元率は基本0.5%と低めですが、Amazonとセブンイレブンでポイント還元率3倍、スターバックスで5倍、ゾゾタウンで2倍と利用店舗によってポイント還元率がグッとアップします。

Amazonメインの方は、JCBカード一本でも十分お釣りが来ます。

またJCBカードは上位ランクのゴールドカード、ゴールドプレミア、ブラックカードの特典が良く、三井住友VISAカードと並ぶ王道クレジットカードとして有名です。

Amazonでのネットショッピングでポイントを貯めつつゴールドカード、ブラックカードを狙うならJCBカードをメインカードにしましょう。

JCBゴールドカードは年会費1万円と三井住友VISAゴールドカードより高いですが、海外旅行保険は三井住友VISAゴールドカードより手厚く、特典も多いです。

JCBゴールド グルメ優待サービスなど一流レストランの利用料が割引になるサービスや、ゴールドプレミアランクでプライオリティパス無料発行など、年会費以上のお得な特典があります。

しかし、楽天での買い物は楽天カードが一番強く、またAmazonやセブンイレブン、スターバックスなどの店舗以外での通常利用は基本ポイント還元率1%の楽天の方がお得なので、サブカードとして楽天カードを持っておきましょう。

アメックスゴールド+楽天カード

20160512223122

これは私の組み合わせですね。
メインとなるゴールドカードの部分を年会費3万円とゴールドカードの中でも高額なアメックスゴールド(アメリカン・エクスプレス・ゴールドカード)にしています。

なんで年会費3万もするアメックスゴールドにしたの? という疑問に対しては、下記の記事で書きました。

・社長の私がアメックスゴールドを選んだ理由。圧倒的メリットと使い勝手を紹介

端的に言うと、一流レストランが1名無料になるゴールドダイニングが使いたかった…というのが一番大きいです。

実際にゴールドダイニングの提携レストランに行ってみた食レポはこちら。

・ゴールドダイニング提携の醍醐味(丸ビル5F)に行ってみた!感想と食レポ画像まとめ

あと三井住友VISAカードは、学生時代に手違いで焦がしてしまったので作れませんでした。アメックスゴールドは意外と審査が優しく、実績が少ない自営業者でも発行してくれるのでありがたいです。

ポイント還元率は0.3%と期待出来ませんが、マイルに出来ますし、キャンセルプロテクションなど保険特典も色々使いやすいです。

サブカードの楽天カードは、昔からのお付き合い。

会社員時代はメインで使っていましたが、不正利用された時にコールセンターがつながりにくかったのでサブカードに降格しました。

それでもポイント還元率1%はありがたく、楽天ブックスや楽天デリバリーの出前などで、しばしば楽天ポイントを使うので、何だかんだサブカードとして使っています。VISAブランドなのも嬉しいですね。

AMEXとVISAがあれば、大抵、どちらかが使えますから。

まとめ:ゴールドカード+年会費無料のクレジットカードがベストな組み合わせです

coins-currency-investment-insurance

このように、ゴールドカード以上のクレジットカードor上位ランクが存在するメジャーな年会費無料カードをメインカードにしておけば、海外旅行保険はもちろんカバー出来ますし、いざという時の安心感も大きいです。

3枚以上になると、管理が面倒ですし、財布も圧迫してしまいますから、クレジットカードは2枚で運用するのが一番ですよ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする