クレジットカードのポイント還元率は何%から高いのか?お得なクレカの基準を知ろう

coins-currency-investment-insurance
クレジットカードを作る時に気になるのがポイント還元率。

ポイント還元率が高いことで有名な楽天カードは還元率1%ですが、クレジットカードってポイント還元率が何%から高いと言えるか知っていますか?

結論から言うと、基本ポイント還元率1%から【ポイント還元率が高い】と言えます。

ポイント還元率が良いカード…と言われているクレカのほとんどが基本1%。
あるいはボーナスポイントや加盟店でのポイント倍額キャンペーンなどによって1%に近づくよう各社挑戦しています。

今回は、実際に各社のクレジットカードのポイント還元率をチェックしてみましょう。

メジャーなクレジットカードのポイント還元率一覧まとめ

カード名 ポイント還元率 ポイントアップ特典 一言コメント
楽天カード 1% 楽天グループのサービスで3%~10% 楽天特化。電話が繋がりにくい
三井住友VISAデビュープラス 1% Amazon等で2% 26歳以下限定
JCBエクステージ 0.75% Amazon、セブンイレブンで2.25% 29歳以下限定
エポスカード 0.5% OIOI(マルイ)での利用で1% ゴールドカードなら基本1%~1.5%
三井住友VISAカード 0.5% Amazon等で1% 特になし
JCBカード 0.5% Amazon、セブンイレブンで1.5% セブンイレブンでお得

各社を比較してみると、楽天カードは基本1%。

楽天グループのサービスで使うと2%~最大10%になるので、かなりポイント還元率が高いですね。

しかし、楽天とAmazonだとAmazonの方がポイント込みでも安い…といったケースも多いので、あまり楽天を使わない人にとっては美味しいカードではありません。

私は楽天トラベルや楽天デリバリーを結構使うので、使いこなせていますが、楽天のサービスを使わない人は避けた方が良いでしょう。

一言コメントにも書きましたが、コールセンターに繋がりにくいので、サポートはあまり期待出来ません。

やはり、おすすめなのは二大ブランドカードである、三井住友VISAデビュープラスカードとJCBエクステージです。

vfvf

三井住友VISAデビュープラスカードはポイント還元率が基本1%と、楽天カードと並んで強いです。

さらにAmazonや楽天ブックス、ユニクロネットショップ、ゾゾタウンなどですとポイント還元率がアップし、1.5%~2%まで上昇します。

詳しくは個別記事にて詳細をまとめていますので、参考にして下さい。

・三井住友VISAデビュープラスカードがお得な理由はブランド力とポイント還元率1%!20代は絶対作っておくべきクレカです

公式サイト(申込ページ)はこちら。
・三井住友VISAカード 公式サイト

28card

JCBエクステージは0.75%と少し物足りないですが、Amazonとセブンイレブンでポイント3倍(2.25%)。

スターバックスではポイント5倍の2.75%という脅威のポイント還元率になります。

上記3点のようなJCB加盟店を使う事が多い人は、JCBエクステージの方がお得です。

しかし、この2つの高還元カードは年齢制限があるので、30歳以上の方は発行出来ません。

30歳以上の方向けのカードになると、途端に基本ポイント還元率が下がるので、ポイント目的ならオススメ出来ません。

30歳以上の方で、基本ポイント還元率を重視したい&楽天カードは嫌だ、という人はエポスカードがおすすめです。

eeeer

エポスカードはOIOI(マルイ)でセールに参加出来るクレカとして有名ですが、マルイユーザーでなくてもメインカードとして使うメリットがあります。

それは、年会費無料のエポスゴールドカードへのインビテーション(招待)が鍵となります。

エポスカードは、通常のカードですとポイント還元率は0.5%と低いです。

しかし、1年利用&年間50万以上利用で送られてくるエポスゴールドカードの年会費永年無料インビテーションを手に入れれば、基本ポイント還元率は一気に1%にアップ。年間100万円以上使うと還元率1.5%にアップします。

エポスゴールドカードは、毎年、年間利用額に応じてボーナスポイントが付きます。

年間50万円以上の利用なら0.5%分のポイント。
年間100万円以上の利用なら1%分のポイントが付くのです。

貯まったポイントはマルイのみならず、VISAプリペイドカードに変えられるので、ほぼ現金化と同じ扱いになります。

年会費無料のカードながら、自動付帯(持っているだけで保険が適用されること)の海外旅行保険もついており、メインカードのみならずサブカードとして愛用している人も多いですよ。

ゴールドカードにランクアップするまでの1年間、ポイント還元率0.5%というのがネックですね。ただ、一度、ゴールドカードにランクアップしてしまえば、あとはずっとボーナスポイントの恩恵を受けることが出来ますよ。

海外旅行保険など詳細は個別記事にまとめています。
・エポスカードのメリットは『マルイの割引』『自動付帯の海外旅行保険』『年会費無料ゴールドカード』の3つ!

ポイント還元率は基本1%を目安に考えよう!

pexels-photo-209743

クレジットカードは、ポイント還元率が全てとは言いません。

楽天カードのようにポイント還元率はいいけどサポートがちょっと弱い…というカードもありますし、上位ランクのカード(ゴールドカード、プラチナカード)の存在もしっかり考えて選ぶことをおすすめします。

しかし、とにかくクレジットカードでお得に買い物がしたいなら、基本ポイント還元率1%以上のカードを狙ってクレカを選びましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする